北海道大学
スポンサードリンク

2007年04月18日

北海道大学オープンコースウェアについて

オープンコースウェア(OCW)は、インターネット上で講義情報(シラバス、講義資料等)を無償で公開するもので,米国マサチューセッツ州工科大学(MIT)が,2001年に,高等教育における知識公開の方法として開始したものです。2005年5月に、日本OCW連絡会が発足し、北海道大学は,2006年4月に,北海道大学オープンコースウェア(Hokkaido University OpenCourseWare: HU-OCW)の提供を開始しました。
北海道大学オープンコースウェアの提供により、 (1)大学に求められている、知識の社会への還元という社会的義務の一部を果たし、 (2)北海道大学のビジビリティを高め、さらには、 (3)講義資料等の、ひいては北海道大学で行われる講義の質の向上につながることが期待されます。 北海道大学オープンコースウェアは,14コースの公開をもって提供を開始しました。この中には英語で書かれた資料も含まれています。今後は国際活動の一貫として徐々に外国語の資料も提供していく予定です。

posted by 北海道大学 at 11:17 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3765185

この記事へのトラックバック